建築関係の求人は増えそうだから心機一転環境を変えて転職するのもいい

建築業界リフォームの求人は増える

建築業界というと、新築ばかり考えがちです。しかしこれからはリノベーションやリフォームがメインとなるでしょう。求人もすでに解体業なども増えていますが、需要と供給のバランスが崩れていきそうです。多くの人が言う、オリンピックがピークではありません。そこから高齢化に拍車が進み、全国的に人手不足が顕著になっていきます。と言う事は、田舎に住みながらも仕事が確保される可能性も出てきます。あまり田舎すぎるのも不安でしょうが、コストのかからない環境をよく考慮すれば都会から小都市に引っ越す事は普通になって来るでしょう。または実家のある田舎に戻って親の面倒をみる事も、仕事さえあるなら現実的に考えられるわけです。つまり多くの都市部に住む人の持つ悩みを解決する業界なわけです。今後右肩上がりに需要が増すならば、ここで一度考えて見るのはどうでしょうか。

転職して違う環境で生きるのもあり

例えば、工場労働から建築業界へ転職する、これは今のご時世を考えると十分戦略的なわけです。政府がTPPを進めていくのならば、なおさらでしょう。ただでさえ、人工知能の台頭がめまぐるしくなって、ロボットが工場労働者を脅かすようになってきている今日です。そこに追い討ちをかけるように、アジアからの安価な労働者がビザなしでなだれ込んで来るわけです。工場の単純作業がこの先いつまであるかなど、考える事自体が不毛な時期に差し掛かりました。これまで体験した事のない、新しい時代に突入すると言う実感をまだ誰も感じていないうちにしっかりと将来を見据えて考えておくべきなのです。縮小する業界、それに反して伸びていく業界、それはいつの時代にも参入するタイミングがあり、それが今なのかもしれません。

建築業界で手に職をつける事が現実的な転職の選択肢

転職するにも求人数が増える業界の方が、高待遇になるのは世の常です。仕事の環境を変える事は大きな決断がいるのは分かりますが、ここは現実的に考えたいものです。手に職を持つことができれば、それこそライフステージに合わせながら生活環境をも変える事が可能になります。田舎でも大都市でも働く事ができる、それは大きな強みです。仕事があるところに移動さえ出来れば、将来も食いっぱぐれる事がない業界と言うことを一番念頭に考える事が大切です。先ほどのTPPに関していえば、逆に手に職を持つがゆえに外国へ派遣されるという壮大な人生のビジョンも生まれて来る可能性すら出てきました。